2017年01月

奥さんが198円のキャベツを買ってあげてもこの輝きは出ないしくみ。 ↓押してもらえると喜びます ... 続きを読む
170131

奥さんが198円のキャベツを買ってあげても
この輝きは出ないしくみ。



↓押してもらえると喜びます



家庭で作る揚げおやつは胸焼けしがちですね。しかし揚げたてのかりんとうがあんなにうまいとは知らなかった…。冷めたら冷めたでうどん内部の乾燥が進むため、よりサクサクしてさらにおいしくなります。↓やめられなかったのも道理未来の自分へ、レシピメモ。【うどんかりん ... 続きを読む
170202


家庭で作る揚げおやつは胸焼けしがちですね。


しかし揚げたてのかりんとうが
あんなにうまいとは知らなかった…。

冷めたら冷めたでうどん内部の乾燥が進むため、
よりサクサクしてさらにおいしくなります。




↓やめられなかったのも道理




未来の自分へ、レシピメモ。


【うどんかりんとうの作り方】

材料:ゆでうどん、水、グラニュー糖、醤油

1)キッチンバサミでゆでうどんを適当にカットする。

 →短いほうが揚げやすい。5〜8センチ推奨。
 

2)160度ぐらいに熱した油にうどんを投入し、

  箸でかき混ぜながらじっくり揚げる。

  

 →新しい油を使うこと。(再利用油を使うと臭くなる) 


 →低温〜中温で20分程度うどんの水分を抜き、

  最後は3分ほど高温でカリっとさせて仕上げる。


 →うどんに何もつけないで油にぶっこんだら
  うどん同士がくっつきまくっていったん焦るが、
 「小麦粉かなんかまぶしたほうがよかったかなー
  と思いながらお箸でかきまぜてたら
  最終的にはバラバラになるので心配しないこと。


3)揚がったところでうどんたちを鍋から出す。
  油を処理する。(鍋はこのまま使うので洗わない)

4)鍋に水50ccぐらい+醤油数滴(風味付け)、

  グラニュー糖大さじ3〜4を入れて加熱。

  いい感じに溶けてきたらかりんとうを投入して
  全体的にコーティングし、火を止める。

  
 →糖蜜コーティングはぐずぐずしていると
  一瞬で焦げたりカチカチに固まったりするので
  タイミングがだいじ。手際よく行うこと。

 5)最後にグラニュー糖大さじ1〜2をふりかけて
  まんべんなく混ぜる。

 →最後にまぶし砂糖をしないとベタベタで食べづらい。
  かりんとう同士もくっつく。

 →これぐらい思いっきり砂糖責めにしないと味が物足りない。
  つまりカロリーも鬼すごいので、健康に気をつけているなら
  なるべく食べないこと。


  

↓押してもらえると喜びます



何きっかけではやっているのだろう。 ↓押してもらえると喜びます ... 続きを読む
170126-s

何きっかけではやっているのだろう。



↓押してもらえると喜びます



2コ前(20017/1/24)の話の続き。関係者席あるある。ベタですね。 ↓押してもらえると喜びます ... 続きを読む
2コ前(20017/1/24)の話の続き。

170128

関係者席あるある。
ベタですね。



↓押してもらえると喜びます