2011年05月

そうと知ってたらちょっと緊張したかも。↓押してもらえると喜びます有名なショッピングセンターはとにかく広くてとにかくゴチャゴチャしていました。モール全体をざっくり見てから欲しいものを後で買おう、なんてやり方は通用しません。このときは某K-POPアイドルの30曲以上 ... 続きを読む


そうと知ってたらちょっと緊張したかも。



↓押してもらえると喜びます





有名なショッピングセンターは
とにかく広くて
とにかくゴチャゴチャしていました。

モール全体をざっくり見てから
欲しいものを後で買おう、
なんてやり方は通用しません。



このときは某K-POPアイドルの
30曲以上が入った台湾版CD
(しかも約900円)を発見してしまい、
あわてて両替所を探したんだけど
これがまー見つからなくて。

んで、マンガのとおり場所聞いて
なんとか現地のお金をゲットしたら、
今度はさっきのCD屋がもう
どこだったかわからない(T-T)

※キャッシュカードのデータを
悪用されちゃったことがあるので
アジア諸国では現金主義なのです…


その後、台湾版CDを扱うお店に
ふたたび巡り会うことは
なかったということです…



↓押してもらえると喜びます





みんな困ってたよ…(-д-lll)↓押してもらえると喜びます今回のお宿はシャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパ。空港から車で10分、繁華街からも15分の便利な立地。大人っぽいホテルかと思いきや、割とファミリー向け路線でした。途中からコンセプト変更したくさい。以下 ... 続きを読む


みんな困ってたよ…(-д-lll)



↓押してもらえると喜びます





今回のお宿は
シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパ。


空港から車で10分、
繁華街からも15分の便利な立地。

大人っぽいホテルかと思いきや、
割とファミリー向け路線でした。
途中からコンセプト変更したくさい。


以下、2011年GW時点でのざっくりした情報です。
これから行かれる方は参考にしてくださいまし。


ハロー! 忍者の奥さん
フロントロビー。

日本人スタッフはいたりいなかったり。


ハロー! 忍者の奥さん
部屋。

キナバルウイングのシービュー。
バスルーム丸見え。(ブラインドあり)

トイレは洋式でウォッシュレットはホース式。
もちろんペーパーもあり。

シャンプー系アメニティーあり。
(リンスはきしむぞ)

ドライヤー、歯ブラシあり。
ヘアブラシとカミソリはなし。

敷地内で履けるゴム草履あり。
(プール行くとき便利)

蚊取り線香、蚊遣りあり。
(マッチは粗悪。ほぼ使えず)

湯沸かしポットで
インスタントコーヒーと紅茶が飲めます。
いずれも無料。
(2日めにポット壊れたけど)

有線/無線LAN無料。
(ボルネオは基本的に公共ホットスポット無料)

ミネラルウォーターあり。有料ドリンクなし。
ルームサービスは24時間OK。

新聞なし。

室内禁煙で灰皿なし。
ベランダは黙認っぽい。


ハロー! 忍者の奥さん
大人用プール。深い!

この奥がキッズプールで
スライダーなんかもあった。


カウチのマットレスはなし。
浮き輪などの貸し出しはなし。

カフェとキャンデーショップで
飲み物や軽食、アイスが頼めます。
(お勘定は部屋付け)

でもオーダーの人はプールサイドに
ほとんど回って来ない。
自分でお店に行くのがベター。


ちなみに砂浜はプライベートのが
少~しだけあるけど、
ちょっと離れたところに
おそらく下水のない水上村が。。
気になる人は海に入らないこと。

クラゲをシャットアウトするため
目の細かい網が張ってあるので
お魚はほぼいません。
ちびゴンズイの群しか見なかった。


キレイめな海で遊びたければ
ホテルから直接離島へ船が出ています。
ただし有料。
(行かなかったので詳細は謎)


ハロー! 忍者の奥さん
朝食ブッフェ。

ブッフェタイムが短いためか、
慢性的に混雑してました。

種類は豊富、お味は普通かな~。
日本のファミレスに近い感じ。
クロワッサンはおいしかった。

和食は不思議なのり巻きと
みそ汁っぽいスープ、漬け物あり。

珍味系ではバロット(孵化寸前のゆで卵)あり。
はみ出てる足を見ました(>_<;)



↓押してもらえると喜びます


ちょっとしたことでもコミュニケーションって有効なのね。↓押してもらえると喜びますさてさて、このお店。調べておいて大正解ヽ(´▽`)/現地の食費としてはお高いんだけど、日本の半分くらいのお値段でごちそう魚介たちが味わえます。レストランでなく屋根のある屋台街とい ... 続きを読む


ちょっとしたことでも
コミュニケーションって有効なのね。



↓押してもらえると喜びます






さてさて、このお店。
調べておいて大正解ヽ(´▽`)/

現地の食費としてはお高いんだけど、
日本の半分くらいのお値段で
ごちそう魚介たちが味わえます。

レストランでなく
屋根のある屋台街というおもむきも好きだ。
余計なコストかかってない感。



定番と言われている
メニューの中から選んだのは…


ハロー! 忍者の奥さん
ソフトシェルクラブのフライ。
皮ごと食べられるカニ。


ハロー! 忍者の奥さん
うちわエビのチリソース。
でかいので半分こに。


ハロー! 忍者の奥さん
シャコのスチーム。
ぶっちぎりで生涯イチでっかいシャコ。


ハロー! 忍者の奥さん
炒飯。
パラパラでなんぼでも入る。


凝った料理が出てくるわけじゃないけど、
素材がおいしいものばかり。

エビカニ好きにはたまらないよー!
※エビカニ以外にも、魚もいっぱいいます。


そして間違いなく全部うまかったです。



中でもわたくしが一番気に入ったのが…

ハロー! 忍者の奥さん

サバベジ!(魚介とちゃうんかい!)

ボルネオとその周辺でしか食べられないという
たいへん食感のよいお野菜。
野菜てゆーか、低灌木の木の芽なのだそう。


ガーリック炒めでいただきました。
サクサクしてて癖がなくて、あぁ…!

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

写真見てるだけでヨダレ出てきます。


ボルネオ旅行中に食べたもののなかで
一番心に残りました。



お会計も時価ながら明朗です。
現地の人の手書き漢字が萌える~。

ハロー! 忍者の奥さん

(1RM=約28円計算で5,300円弱)

ていうか、今気付いたんだけど
瓶ビールの値段が書いてない。

サービスしてくれた?
それともお会計忘れ…(・_・;)


ホントにごちそうさまでした!!



【双天海鮮酒家】
営業時間 15:00~25:30

カンポンアイル
(旧セドコ・コンプレックス)という
コの字型の屋台街の一番奥。

センターポイントというデパートから
徒歩5分くらいです。

深夜まで開いているので、
夜便の飛行機で到着して
夕ご飯に困ったときにもおすすめ。

入り口にはタクシーが待機しているので
ホテルに戻る足の心配も不要です。
向かいにはコンビニもあり、
帰る前に飲み物も調達でけます。

双天は一番奥にあり、
手前に並ぶ別店舗では客引きが強引です。
ナイーブな人は注意。



↓押してもらえると喜びます


写真はアイスだったのに、なぜ…?ちなみにエアコンのきいたカフェとかでなく、蒸し暑い屋外の屋台でのできごとです。↓押してもらえると喜びます ... 続きを読む


写真はアイスだったのに、なぜ…?

ちなみにエアコンのきいたカフェとかでなく、
蒸し暑い屋外の屋台でのできごとです。



↓押してもらえると喜びます



観光はほとんどしませんでした。時間かかるのが多かったから。。↓押してもらえると喜びます疑問コメントのお返事です。なぜ今回の旅行先にボルネオ島を選んだかというと、森越家のバカンスの基準がですね…●安・近・短(ツアーが安い・近い・期間が短い)●プールがあるそ ... 続きを読む


観光はほとんどしませんでした。
時間かかるのが多かったから。。




↓押してもらえると喜びます





疑問コメントのお返事です。

なぜ今回の旅行先にボルネオ島を選んだかというと、
森越家のバカンスの基準がですね…

●安・近・短
(ツアーが安い・近い・期間が短い)

●プールがあるそこそこレベルのホテル

●ショッピングセンターもしくは
スーパーマーケットでお買い物

●屋台めし

●街なかお気軽マッサージ

●物価が安く滞在費を抑えられる

●政情が安定している&治安が悪くない地域

●現地の人が商売にがっついてない


こんな感じになってきてまして。


ジャングル系オプショナルを無視してみたら
「ボルネオ、穴場じゃね?」と気がついたのです。


結果、よかった…!( ̄∀ ̄)

アジアのリゾート遊びが好きな方には
たいへんおすすめです、ボルネオ。


ホテル*も空港から車で10分と
とても近いところだったので、
添乗員さんのオプショナル営業にも
負けずに済んだといういい話もアリ。



↓押してもらえると喜びます


確実にオットの屁を浴びまくっていたことでしょう。オットは昔経験したそうですがわたくしは空席利用、初体験。否応なく『自粛』の2文字が頭に浮かんで胸が痛みました。しかし我々は旅行雑誌の仕事をしていたこともあり、「旅行業界の危機だから!」と自分に言い聞かせなが ... 続きを読む


確実にオットの屁を
浴びまくっていたことでしょう。



オットは昔経験したそうですが
わたくしは空席利用、初体験。

否応なく『自粛』の2文字が頭に浮かんで
胸が痛みました。

しかし我々は旅行雑誌の仕事をしていたこともあり、
「旅行業界の危機だから!」と自分に言い聞かせながら
バカンスに臨んだということです。



↓押してもらえると喜びます