あまりに膨大な量を目前にして
言葉が出なくなった瞬間でありました。

※心の声は半分くらい実際に出たセリフで、
もう半分はわたくしのアテレコです。



まあそれもあくまで一瞬のことで、
ちゃんとご近所に配ったり
夕飯をオットが作りまくったり
東京に持って帰ったりできました。

いつもいろいろとお世話をありがとう、
義弟サン&義妹サン!



↓押してもらえると喜びます