参考→バレンタインカリー

大概のものは受け入れてくれるカレーの包容力を
いつもギリギリで超えてしまうのです。
それはそれで貴重な才能だと思いませんか。


ちなみにオットの作るカレーは
長年の紆余曲折を経て
『バーモントカレーの甘口を
ジャガイモ抜きで箱のレシピ通りに作る』

というところに行き着いています。

奥さんはまだまだ旅の途中



↓旅は終わらない