なんでしょ、わたし悪くないんだけど
申し訳ないことをしたような気持ちに。。



↓でも師匠は笑ってくれました